上五島町漁業協同組合|長崎県の漁協|五島列島|箱入り娘|ブランド|鮮度保持技術|年末お歳暮|お中元|うまい魚|漁業体験

qrcode.png
http://jf-kamigotou.or.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

上五島町漁業協同組合
〒857-4404
長崎県南松浦郡新上五島町
青方郷2273番地
──────────────
■ 本             所
   Tel.(0959)52-2008
   Fax.(0959)52-2280

■ 上   郷   支   所
   Tel.(0959)52-8033
   Fax.(0959)52-2694

■ 魚     市    場
    Tel.(0959)52-3909

■ 無 線 局 ・ 冷 蔵 庫
   Tel.(0959)52-3676
   Fax.(0959)52-4888
■ 飯  ノ  瀬  戸  支 所
   Tel.(0959)52-2161
   Fax.(0959)52-4339


──────────────
上五島町漁協カレンダー

 

 

00187176
 

五島箱入娘とは?

   
 
   
 

五島箱入娘

五島箱入娘
 
 

「五島箱入娘」が美味しいわけ

「五島箱入娘」が美味しいわけ
 
五島列島近海は、黒潮という海流が日本の南西海域から北東へ流れており、その大きな分流が対馬海峡です。この流れによってプランクトンが集まり、それを餌にしている魚たちが集まるので、全国有数の好漁場です。豊かな栄養に恵まれて育った魚たちは、良質の脂がのっており、荒波に揉まれ身もしまっています。
   
魚を〆て時間が経つにつれ、魚体が固まってしまう「死後硬直」と呼ばれる現象が始まります。鮮度も死後硬直とともに落ちていきますので、如何にして死後硬直を遅らせるか?というのが鮮度保持のために必要な技術となってきます。
簡単に言えば魚の死後硬直を最小限におさえ、肉質を硬化させない効果があります。この神経抜きも簡単にやれるわけではありません。
島の親父が五島箱入娘にかけた、こだわりが現れています。
 

「五島箱入娘」はこうして生まれた

「五島箱入娘」はこうして生まれた
 
長崎県五島列島は日本でも有数の漁場。
そこで獲れる魚は都市圏を中心に好評を得ています。
四季折々旬の厳選された鮮魚のみを「五島箱入娘」
と銘打ち、五島の新ブランドとして誕生しました。
皆さんもご存知のとおり、1年中旬という魚はほとんどありませんが、この五島海域に於いては魚種は違うが1年中旬の魚が何かしらあります。
そこに着目した管内の漁業者及び漁協は、旬の魚を旬の時期に鮮度そのまま状態で皆さんの元へ提供できるのではないかと考え実践に移しました。
ブランド出荷者認定制度の導入により、魚の取扱い方法、活き絞め神経抜きは勿論、イカ墨完全除去など厳しい規格基準を設けながら審査を行い、出荷者を認定していきます。このように漁業者が一匹の魚を我が子のように大事に取扱いながら出荷していくことにちなんだこの
【五島箱入娘】
 
 
キラキラ輝くタチウオ
キラキラ輝くタチウオ
 
一本釣りで大事に釣りよるばい!
一本釣りで大事に釣りよるばい!
 
神経しめ・殺菌洗浄中
神経しめ・殺菌洗浄中
 
イカ墨除去
イカ墨除去
 

「ブランド出荷者認定制度」

「ブランド出荷者認定制度」
 
五島箱入娘は品質管理が命!
だからこそ認定システムを導入

       

ブランド出荷で一番重要な点は、商品ランク(質)を落とさない事である。そこで、ブランド出荷について漁業者の責任を持った取扱が重要であるため、認定制度を導入し、個々の番号によるブランド出荷体制を図ります。
1.認 定 者ブランド化認定部会
2.認 定 基 準ブランド化認定部会
が各魚種毎に認定申請を受付けし、魚種毎の基準項目を審査する。審査は無差別検査とし、5回連続して合格した者を認定する。但し、その後違反したものはこれを取り消します。

<<上五島町漁業協同組合>> 〒857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2273番地 TEL:0959-52-2008 FAX:0959-52-2280